すっかり忘れていた事-1秒間の「うるう秒」追加09年1月1日に起きること

1秒間の「うるう秒」追加 09年1月1日に起きること by J-CAST

新年の元旦はいつもより1秒長くなる。総務省と独立行政法人情報通信研究機構が、地球の公転・自転に基づく実際の時刻と世界標準時のずれを調整するため、2009年1月1日に1秒間の「うるう秒」を挿入するからだ。たかが1秒の話だが、株や外国為替などの金融取引では、わずか1秒の差が大損につながる可能性もあり、パソコンなどの時間調整には注意が必要だ。
3年前の06年1月1日にも1秒を加算
同機構が行う元旦の時間調整とはこうだ。1日午前8時59分59秒と同9時00分00秒の間に「8時59分60秒」を挿入する。うるう秒の制度は1972年に始まり、今回で24回目。前回は3年前の06年1月1日に同じく1秒を加算した。


なるほど…117に電話して録音するしかないっしょ(謎
[PR]
by taff2005 | 2008-12-31 11:34 | 外部記憶
<< TV業界に異変あり?- 日テレ... 携帯からは貼れるのか?- 実験中 >>