作業終了

現地滞在時間5分…

「呆れるくらいタフだなっ
相変わらず…」

現在滞在地区を確かめ(ほら千代田区だと色々あるし…)ビルを一歩出た瞬間、煙草に火を点ける。徹夜明けのウサギのように真っ赤な左眼に染み入る青白い紫煙。手負いの人狼のような右眼に宿る光。至福と勝利の一服

この昼も夜も無く走り続ける、この病的で異常とも思える行為はいつからだろう

17歳で上京し26歳までテレビもラヂヲ無く、ひたすら追い求めたモノは夢と消え、ただ喰らう為に始めたこの仕事に就いた時からなんだなぁと命の紫煙を訝(いぶか)しそうに蓄える

いつしか都会(まち)は眠りから覚め、いつもの様に偽善と裏切りと形ばかりの幸福(しあわせ)を私の躰に映(あび)せはじめる。
永遠とも思われる、たった5分間の作業を終えた私に祝福の朝霧(もや)
都会(まち)は…やっと目覚めたようです


と…書いてる内に
駅を乗り過ごしましたっ
「そこん所がタフっ!」
[PR]
by taff2005 | 2005-06-05 07:24 | インターネットラヂヲ
<< 今日は走ってないけど・・・ タフ走るっ! >>