イカロスの翼

by ギリシャ神話

涙がでちゃう程感動しちゃう話
あ…深い意味は無いけど(謎

詳しい所まで話は良く知らなかったんですが
最近になってよく調べると以前の記憶って微妙に違っていたようで…
主人公のイカロスは昔から空に憧れていて、羽を作ったと記憶してたんですが

何かラビュランスに投獄されソコから逃げ出す手段として
手先の器用な父と二人で落ちていた羽で空を飛んで脱出に成功したって感じ
大きな羽は糸で縛り付け、小さな羽は蝋で固めたらしい
え?ぢゃあ太陽に向かって行っても糸で結んであるから大丈夫?…と考えたが父からの大事な伝言があった
父はイカロスに飛び立つ前にこう話した
「いいかイカロスよく聞け
この辺りの海は水面付近は風が強く糸で繋ぎ止めた大きな羽がちぎれてしまう
だが上空に近付けば今度は太陽の熱さで小さな羽を固めている蝋が溶けてしまう
真ん中くらいを飛ぶんだ!」
結局イカロスは飛んでる時にその忠告を忘れ太陽に近づいた訳です

どんな事もやりすぎは良くないけど、やらなさ過ぎもよく無いと言う
なんとも普通が一番のたとえ

そうか…恐竜と間違えて風車に向かって行ったのはドンキホーテか
あ…本当に深い意味は無いですが(謎
[PR]
by taff2005 | 2007-02-08 22:24 | 外部記憶
<< あれ?iModeが繋がらない… microSD-1Gがつひに2... >>